アルバイトで働くとは

軽作業とは

アルバイトで働くとは 軽作業とよばれる業種では、仕分け、検品、梱包などのライン作業を行います。
このアルバイトでは、製品を決められた数ごとに分類したり、種類別に分けたりする仕分け作業、製品をダンボール箱などに詰めていく梱包や包装作業、製品に傷などがないか調べる検品や検査作業、また伝票を見ながら製品を倉庫から取り出すピッキング作業などがおおまかな仕事内容です。
それぞれの作業は簡単単純なものなので、未経験者や高校生でも可の場合が多いようです。
ここで、もう少しそれぞれの作業内容を具体的にご説明しましょう。
「仕分け」は製品を種類や数にしたがって分けたり、発送先別に分けたりする仕事です。
たとえば、郵便局や宅配便などの仕事もこれにあたります。
宅配業者の仕分け作業は、重いものを運ぶ作業もともないます。
お中元やお歳暮の時期にはとくに忙しくなります。
このほかにも、工場や倉庫内で仕分け作業を行うアルバイトもあります。
この仕分け作業はライン作業系のアルバイトのなかでは人気のある仕事のようです。
次に「検品」作業です。
これは製品に傷や何らかの不具合がないかチェックする仕事です。
たとえば、日用品、医療器具、玩具、食品などなど多岐にわたります。
パンフレットや本など印刷物の印字の検査やゲームの不具合をチェックするゲームテスターというアルバイトもあります。
この種のアルバイトも工場や倉庫内で作業する場合がほとんどです。
「梱包、包装」作業は組み立て、加工、製品チェックがすんだ製品をダンボール箱などに詰めていく作業です。
多くは発送出荷の準備の一環で、ライン作業の最終工程にあたります。
梱包に使うダンボール箱の組み立て作業やラベルシールを貼る作業、配送手配や配送トラックへの積み込みも作業に組み込まれている場合があります。
製品によっては力仕事になることもありますので、事前に確認が必要でしょう。
「ピッキング」は伝票を見ながら、製品を倉庫など保管場所から取り出してくる作業です。
製品によってはフォークリフトを使って行うピッキング作業もあります。
もちろんフォークリフトの使用には免許が必要です。
この軽作業のアルバイトはほとんどの場合、短期です。
また、給料も日払いであることが少なくありません。
求人も多く、特にスキルも必要ないので比較的やりやすいアルバイトといえます。
深夜早朝の作業も多いので、都合の良い時間を自由に選ぶことができます。
これら、軽作業アルバイトはほとんどの場合立ち仕事となります。
作業自体は単純ですが、意外と体力も使うのでそのことを考慮して選ぶ必要があります。


Copyright(c) 2022 アルバイトで働くとは All Rights Reserved.