アルバイトで働くとは

引越しスタッフ

アルバイトで働くとは 体力に自信のある人は引越しアルバイトが向いているかもしれません。
一般家庭の引越し作業やオフィス移転の作業を行う仕事です。
一年のうちのピーク期である2月から3月にはアルバイトの短期募集も増えてきます。
大学生は春休みを利用してこのアルバイトをすることもできるでしょう。
引越しアルバイトは男性だけではなく女性もスタッフとして働くことができます。
マスキング作業や梱包にはどちらかというと女性の気配りをしながらの作業が必要になってくるからです。
引越し業務は引越し会社だけではなく、運送会社も行っていてアルバイトの募集をかけることがあります。
オフィスの引越しの場合には机や椅子、パーテェションなど重くかさばるものがほとんどです。
そのため、オフィスの床やエントランス、エレベーター内に傷をつけないようマスキング作業は欠かすことができません。
一般家庭の引越しでは、運搬作業は家具家電品、日用品が中心です。
大型のものを階段を使って運ぶ作業もあります。
また、集合住宅では近所の住民に配慮しながらの作業が必要になってきます。
また、この引越しアルバイトには実際の引越し作業だけではなく、引越しスタッフの移動や引越しに使用する配送トラックのドライバーを担当する業務もあります。
一般にドライバーだけの募集というのはなく、ドライバーも引越し作業を行いますがその分給料はアップします。
引越しアルバイトは重いものを効率よく運ぶ技術や積み込みのノウハウ、また梱包やマスキングの技術を習得するためにはある程度の期間が必要なので、多くの場合長期で働く人が求められています。
しかし、春の引越しシーズンには短期アルバイトの募集も増えます。
引越しアルバイトの募集は求人サイトやアルバイト情報誌、新聞の折り込みチラシなどで情報を得ることができます。
この引越しアルバイトの特徴は何と言っても体力勝負の仕事だという点です。
ある程度体力に自信がある人の場合でもなれないうちはかなり疲れると思います。
また、繁忙期には一日のうち数件の引越し作業にあたることも少なくありません。
そうした場合には開始時間が早朝になってきます。
朝6時に集合ということもあるでしょう。
朝早く起きるのが苦手な人は続けられるかどうかよく考えてからにしたほうがよさそうです。
しかし、給料はほかのアルバイトと比べるとかなりよいものとなっています。
体力に自信のある人にとっては効率的に稼げる良いアルバイトといえるでしょう。


Copyright(c) 2022 アルバイトで働くとは All Rights Reserved.