アルバイトで働くとは

面接申し込みの電話のかけ方

アルバイトで働くとは インターネットや情報誌、新聞の折り込みチラシなど、アルバイト募集を探して自分が働きたいとおもう求人が見つかったら最初にすることは何でしょうか。
それは電話をかけて面接の約束をすることです。
そこで、注意が必要なのは電話をする時間帯です。
特に、スーパーやコンビニエンスストア、飲食店は混雑していてたいへん忙しい時間帯があります。
一般にはスーパーでは午前11時から12時そして午後3時から5時が最も忙しい時です。
コンビニエンスストアでは、午前6時から9時、昼12時、夜6時から8時がピーク時です。
極力この時間帯は避けて電話するようにしましょう。
電話が通じたら、はっきりとした声で「アルバイト募集を見てお電話しました。
担当の方はいらっしゃいますか」とたずねます。
もしも、担当者が不在だった場合には改めて自分からかけなおす旨を伝えます。
担当者が電話に出たら、自分の名前を名乗り、「面接をお願いできるでしょうか」とたずねます。
名前、年齢、住所、連絡先を聞かれたら、それにもはっきりと答えましょう。
また、疑問点があれば「確認させていただきたいのですが…」または「お尋ねしておきたいことがあるのですが…」と切り出して質問します。
仕事内容や給料について、また残業の有無、未経験者でも大丈夫かなど尋ねることができます。
次に面接の日時を決めるやり取りをすることになります。
アルバイト先が指定した面接の日にどうしても都合がつかない場合には率直にそのことを伝えます。
相手が日時を指定したなら、復唱して確認します。
また面接場所や日時に関してはしっかりとメモを残しましょう。
面接の申し込みのための電話の基本はあせらずにはっきりと話すことです。
最後には「ありがとうございました、ではよろしくお願いいたします」と電話を切りますが、その際相手が電話を切ったことを確認してから受話器を置くようにしましょう。
携帯電話を使えばどこにいても電話をかけられるわけですが、騒がしい場所でかけるならお互いの声が聞き取れない場合もありますし、電波状態によっては突然通話が途切れるということもあり得ます。
できれば、自宅の固定電話でかけるのが一番ですが、携帯電話を使用する場合には静かな場所を選ぶようにしましょう。
電話は相手が見えませんが、面接はこの時から始まっているといっても過言ではありません。
印象が悪いと実際の面接の時にも影響することもあり得ますから十分に注意して電話をかけるようにしましょう。


Copyright(c) 2022 アルバイトで働くとは All Rights Reserved.